hrfdhj-thumbnail2

 

元栓バルブや水抜き栓などが

硬くて回せなくなったり、動きがおかしい場合には

内部でなんらかの異常があることが考えられます。

 

よくあるケースとしては

バルブや水抜栓の下部に入っている

ピストンという部品の作動不良によることが多く、

修理するには止水したうえで内部から部品を取り外す必要があります。

 

水道用の潤滑剤を塗布する場合や

パッキンもしくは部品そのものを取替えなければ

ならない場合もあります。

 

費用はバルブのタイプや症状のケースにより違いますが

¥5000~1万数千円+税となります。