作業完了時

 

お風呂場のシャワー蛇口の調子が悪いということで

修理のご依頼があった事例です。

 

もう20年以上前の蛇口を使用されており

蛇口本体が金属疲労で損傷してしまっていました。

 

通常、古くなった蛇口でも

パッキンの取り替えで改善できるような箇所の修理は

あまり問題ありませんが、

部品を交換しなければいけない箇所の部材が

年数経過したため廃番になっているケースや、

蛇口本体の劣化損傷(内部の欠けや削れなど)の場合には

蛇口を丸ごと取り換えなければいけないことがあります。

 

今回は、同様の症状のため

2ハンドル式のシャワー混合水栓本体を

取り換えることで完了しました。